家賃について

資産運用にはいろいろな運用手段があり、その人のリスク許容度に応じて運用商品は多種多様です。その中でも不動産投資においてはミドルリスクからハイリスクまでの運用ができます。ミドルリスクの運用としては、頭金を多めにしてローンを組む、もしくは全額キャッシュでローンを組んで投資物件を購入するという方法です。ローンが少ない、もしくはない分、毎月のキャッシュフローが忙しくなく、ゆとりをもって運用をすることができます。一方、ハイリスクの運用とは高めのローン割合、もしくはフルローンで投資物件を購入するという方法です。少ない手元資金で運用をすることができるため、レバレッジを大きく効かせることができ、運用効率が飛躍的に上がります。但し、不動産投資では空室に注意しなければなりません。毎月のローン返済額が多い場合、空室により家賃収入が途絶えると、キャッシュフローが急速に悪くなります。人口が減少してきている時代においては、投資エリアを選別する動きが始まっています。人口は全てのエリアで減少しているわけではなく、一部のエリアでは田エリアからの流入により増加し続けているからです。利回りを重視するとともに稼働率にも注意し、空室が起きにくいエリアの投資物件を保有していくことが肝要です。このような流れはしばらく続きます。高層化が進み、住居が縦に伸びていく中、投資エリアは徐々に狭くなっていくことが予想されますので、今まで以上に投資エリアの選別が重要になってきます。