リフォームを行おう

空き地があるのであれば、マンションやアパートなどの賃貸物件を建設して家賃収入を得られる形を作りましょう。この方法には2つのメリットがあります。1つは安定した収入を得られるということです。毎月家賃収入が発生するわけですから生活にゆとりができるようになります。2つ目のメリットが相続税対策です。空き地の場合よりもその空き地に賃貸物件がある方が相続税評価額は小さくなります。そのため、相続税も少なくなるのです。もしも、賃貸物件を建設しても賃貸ニーズのないような場所であれば、賃貸物件の代わりに太陽光発電システムを導入しましょう。太陽光発電システムであれば、太陽光さえあたる場所であれば、毎月売電収入を得ることができます。また、勇気を持って空き地を売却してしまうというのも1つの選択肢です。その場合には、都市部の中古マンション等の投資物件を代替として購入する、又は上場不動産投資信託を保有する、もしくは両立して投資をする、ということで安定した収益を得られるようになります。つまり資産の入れ替えをするわけです。いずれも広義の意味での不動産投資ですから、賃貸物件を建設して経営するのとリターンはそれほど変わりません。未稼働の資産を稼働する資産に変えることで、資産運用の効率は大きくアップします。空き地は保有しているだけでも固定資産税がかかります。自らマイホームを建てる等の使用目的がないのであれば、いち早く収益を生む形に変えることが必要です。